長崎県土地家屋調査士会 支部便り

<< 平成26年度各支部定時総会開催報告 | main |
佐世保支部新年祝賀会
平成28年新年の挨拶
 

佐世保支部長 池 田 新 治
 
 新年明けまして、おめでとうございます。会員の皆様におかれましては、初春を迎えお変わりなくお元気でお過ごしの由、お慶びを申し上げます。
 さて、佐世保支部では、毎年恒例として新年祝賀会を開催しており、本年の新年祝賀会の一日をご紹介いたします。本年は平成28年1月15日(金)18:00から市内「ワシントンホテル」にて新年祝賀会を開催し、支部会員44名の内27名の参加をいただいた次第です。

 
新年祝賀会にて池田支部長挨拶


祝賀懇親会の様子

 
 ところで、それに先立つこと午前800に市内「宮地嶽神社」にて古稀2名、初老1名の会員(都合につき古稀1名、還暦2名は欠席)の不老長寿・無病息災を支部幹事を含めた12名の支部会員出席の下、厳かな雰囲気の内にご祈願をしていただきました。
 

 

祈願後の記念撮影 
 

 次に、市内「佐世保カントリー倶楽部」にて9:45集合、9:55スタートで古稀・還暦・初老厄入りゴルフコンペを支部会員11名参加の下に初春のゴルフを楽しみました。アウトのスコアーを無しにしようとの緊急動議が出る程に話ばかりが絶好調で皆盛り上がっていました。当職のスコアーは、寒さのせいで身体が回らなかったことが原因だと考えられますが、思い出したくないくらいの散々の成績でした。次回のリベンジを胸の内に強く誓った次第でした。コンペ終了後面々は、自家用車を自宅に置きに戻る会員、事務所に仕事に戻る会員等あたふたと次の行程に向かいました。当職は、自家用車を自宅に置きに一旦戻りましたが、その際慌ててゴルフバッグを積み忘れ、ゴルフ場の駐車場に落し物をしてしまいました。自宅に戻る途中に支部会員から電話があり、取りに戻ると新年会の準備に間に合わないため、支部事務局に持って行っていただくようお願いをし、何とかその難を免れました。そのゴルフバッグは、後日無事に回収いたしました。
 

忘れ去られたゴルフバック...
 
 さて、新年祝賀会に話を戻しますと、佐世保支部では、毎年年明けの1月中旬の金曜日に新年祝賀会を開催しております。平成初年の頃は新年会に加え、初老厄入りのみをお祝いしておりましたが、時代の流れである少子高齢化により、その対象者が年々減少したため、本年は古稀にまで対象を広げました。次の目標は、米寿です。お元気な支部会員がおられるので、その可能性は大であると期待しております。本番は当職の挨拶から始まって、次回厄入り等対象会員3名から古稀2名、還暦2名、初老1名の会員(都合につき古稀1名は欠席)に記念品の贈呈をし、その後厄入り等対象者各会員からのお礼の挨拶をいただき、次に乾杯の発声、お樽披露、万歳三唱へと終始賑やかにビール・冷酒等を飲み、終始和やかに土地家屋調査士の品位を一時も忘れることなく和気藹々の内に閉会いたしました。その後2次会、3次会まで大いに盛り上がってその日は終了した次第です。

厄入り、還暦、古希を迎えられた先生方
 
 ところで、次の日に気づいたことですが、当職の防寒コートを新年祝賀会の会場ワシントンホテルに忘れ、支部事務局の事務員さんに後日のついでの折に取りに行っていただきました。皆々様のご協力に衷心よりお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。本当に、本当に、超忙しい一日でした。
以上
| chousasingsk2 | 佐世保支部だより | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://letter.nagasaki-chosashi.net/trackback/1572227